同一労働同一賃金ガイドライン案

投稿日: カテゴリー: Megumi-SR NEWS

同一労働同一賃金の実現に向けて、昨年12月に厚労省は「同一労働同一賃金ガイドライン案」を発表しました。ガイドライン案には、契約社員およびパートの【基本給】【手当】【福利厚生】について、正社員との不当な格差是正のために例を挙げて説明しています。

【基本給】

掲げられている項目:「職業経験・能力」「業績・成果」「勤続年数」に応じて支給の場合と、昇給を勤続による職業能力向上に応じて支給の場合

  • 基本給を職業経験・能力に応じて支給する場合
    ○・・・同じ職業経験・能力の正社員XとパートY。就業時間について時間帯や土日祝日勤務の有無等により、XとYに共通の基準を設定し、時給(基本給)に差を設定している。
    ×・・・正社員Xは契約社員Yより多くの職業経験があるという理由で、Yより多額に支給されているが、その職業経験は現在の業務と関連性がない
  • 基本給を業績・成果に応じて支給する場合
    ○・・・正社員XとパートYは同様の仕事だが、Xは品質の目標値などに対する責任を負い未達の場合ペナルティがあるため、会社はXにはYに比べて高額の基本給を支給している
    ×・・・基本給の一部を労働者の業績・成果に応じて支給しているが、正社員が販売目標を達成した場合に行っている支給を、所定労働時間が短いパートYに対しても同じ販売目標に届かない場合には行っていない。
  • 【手当】

     掲げられている項目:「賞与」「役職手当」「特殊作業手当」「特殊勤務手当」「精皆勤手当」「時間外労働手当」「深夜・休日労働手当」「通勤手当・出張旅費」「食事手当」「単身赴任手当」「地域手当」

  • 賞与は?
    ○・・・正社員Xと同等の業績貢献のある契約社員Yに、Xと同一の賞与を支給している
    ×・・・正社員には職務内容や貢献等に関係なく全員支給、契約社員とパートには支給なし
  • 役職手当は?
    ○・・・正社員Xと同一の役職内容・責任範囲の契約社員Yに、Xと同一の役職手当がない
    ×・・・正社員Xと同一の役職内容・責任範囲の契約社員Yに、Xと同一の役職手当を支給
  • 【福利厚生】

     掲げられている項目:「福利厚生施設」「転勤者用社宅」「慶弔休暇等」「病気休職」「法定外年休等」

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です