日付ってややこしい

投稿日: カテゴリー: 社会保険の豆知識

市川の息子は、予定日が4月2日でした。
周りの先輩ママに、予定日まではお腹にしまっておけといわれました。
一日ずれると、前の学年。結局、誕生日は4月3日でしたが、3月末ごろはハラハラしておりました。

それまであまり気にしていませんでしたが、

4/2~4/1に生まれた子が、一学年とされるんですよね。

4/1から新年度なのに、4/1に生まれた子が早生まれとはこれいかに。

日付のからくり

学校教育法(以下「学教法」といいます。)第17条第1項には「保護者は、子の満6歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、…これを小学校又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う。」とあります。
一方、学教法施行規則第59条において、「小学校の学年は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。」と規定されています(中学校については同第79条において準用。)。

 小学校の学年は、その年の4/1に、「満6歳に達した日の翌日」を迎えているかどうかで決まります。
「満6歳に達した日」が、「具体的に何日なの?」というところが、混乱を招くポイントになるのですよ。

なぜこれを取り上げたかというと、「達した日の翌日」や、「達する日」という言葉が、社会保険の手続きでもしょっちゅう出てくるんですよね。

受験中も悩まされましたが、実務でもよくでてきますね。

さて、この、「達した日」ですが、4/1生まれの人だとすると何日だと思いますか?

「達した」=1歳になった日、だから「4/1!」

・・・・と、以前の市川は思っていたのですが、本当は、3/31日、誕生日の前日なんです。

なぜかというと、3/31で1年がたったから。生まれてから一年目、「1歳に達した日」は、「3/31」に、なるのです。

つまり、4/1生まれの子は、1歳に達した日の翌日が4/1なので、4/1からスタートする学年に入学することになり、4/2生まれの子は、1歳に達した日の翌日が4/2なので、その年の学年に間に合わず、翌年の学年に入学するということになります。

この「達する日」は何にかかわってくるかというと・・・・

産前産後休業や、育児休業の取得日を計算する日にかかわってくるんです。

以前、就業規則で、間違えて「育児休業は、1歳の誕生日まで」と、なっているのを見たことがあります。

育児休業法では、「育児休業は、1歳に達するまで」となっていますので、就業規則が育児休業法より1日長いことになってしまいます。

実は…この会社ではもともとは就業規則を作成された方の勘違いだったのですが、結局、法的には法定より一日多いので問題は何もないのですし、誕生日は家族で祝いたいよね、ということから、そのままになりました。

が、手続きとしては、社会保険の育児休業の免除申請が、「1歳に達する日」までしかできないため、延長の手続きを気にしなければならなかったりと面倒くさいことが多いです。

また、雇用保険の育児休業給付は、「1歳に達する日の前日」・・・までしか、給付されません。

・・・ん?おかしくない?

「1歳に達する日の前日」って・・・・誕生日の前々日、ってこと。

つまり、

「4/1生まれの子」の育児休業は達する日の「3/31」までとなり、給付が出るのは、

達する日の前日の「3/30」までしか出ないのです。

一歳の誕生日までもらえる^^

とおもっていると、思ったより2日分短かったりしますよ・・・・

育児休業給付は、「ないことになっているから出ていない・説明されていない」情報が、結構あります。たとえば、復帰しないことになっちゃった場合、いつまで給付がみとめられるのか、とか・・・・・

はじめて育児休業が出た際には、社労士さんに相談してみてくださいね^^

もちろん恵社労士事務所にも、相談してください♪