社会保険・労働保険に新しく加入する

投稿日: カテゴリー: 社会保険の豆知識

豆知識

従業員を雇ったら、社会保険に入る・・・とは言うけれど、具体的には?
どのタイミングで、何の手続きが必要?

こんな時に手続きが必要です。

人を雇ったとき

一人でも雇ったら、労災保険に加入します。労災保険は事業主を守る保険です。
業務時間中のけがや病気は、事業主の責任となります。労災保険に加入することで、万が一の場合は、治療にかかる費用・仕事ができなかったときの給与は、労災保険から給付を受けることができます。

法人にして、役員報酬が出たとき

法人で、代表者に報酬が出たときは、社会保険に加入する義務があります。毎月の報酬をベースに金額を決めるので、報酬の出し方によっては社会保険料を低く抑えることもできます。

週20時間以上働く人を雇ったとき

週20時間以上はたらく人を雇ったときは、雇用保険に加入することになります。
その人がアルバイトでも契約社員でも、週20時間・31日以上働く場合は加入になります。

週30時間以上働く人を雇ったとき

代表者に報酬が出ていない場合でも、週30時間以上働く人を雇ったときは、社会保険に加入することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。