103万だとか130万だとか

投稿日: カテゴリー: 社会保険の豆知識

扶養のあれこれ

扶養の範囲内で働くのって、103万円だとか130万円だとか、いろいろな話が飛び交っていますよね。

それって何の違いかというと、

「所得税の扶養」なのか、「社会保険の扶養」なのか

の、違いです。

扶養、と一口に言っても、内容も少し違います。

妻が夫の「扶養家族」の場合、

「所得税の扶養」は、夫の所得税が安くなります。

「社会保険の扶養」は、妻の社会保険(年金・健康保険)の保険料がなくなります。

年収の要件は、

  • 「所得税の扶養」の場合、今年1月から12月までに受け取った給与(交通費除く)の額が合計103万円以内であること。
  • 「社会保険の扶養」の場合、今現在の収入が、年収130万円未満であること。
  • さて、この「年収」に注目してください。

  • 所得税の場合、今年一年で受けた収入。
  • 社会保険の場合、現在の収入をもとに見込まれる年収。
  • お分かりいただけるだろうか。このややこしさ。

    ***つまり***

    例えば、

    月収30万円で働いていた奥様が、6月末に仕事を辞めたとします。

    その会社の給与の支払いが、末締めの翌月10日払いであれば、

    1月から7月の支払いで受け取った、30万円×7=210万円が年収になり、

    今年の税金の扶養にはなれない、ということになります。

    しかし、7月以降の収入は0円ですから、7月以降の奥様は、年収は0円の人になります。

    なので、社会保険の扶養にはなれるのです。

    所得税は、年末調整や確定申告で、今年一年の収入をもとに計算しますが、

    社会保険は、現在もらっている給与をもとに計算するため、このずれが生じるのです。

    税金のことは、こちらをご覧ください。。

    国税庁のホームページ 

    社会保険の扶養についてはシンプルに、今いくらもらっているのかでいいのですが、税金は本当にややこしい。

    103万円超えても、配偶者特別控除というものもあって、すぐに税金が跳ね上がるわけではない。

    詳しくは税理士さんに聞いて下さい~!!!